かあさんdiary

船橋市在住の主婦

手作りパチンコ


f:id:ca-san_diary:20170625201601j:image

 

オーシャン手作りパチンコ!

 



f:id:ca-san_diary:20170625201748j:image

 

大好きなアンパンマンのパチンコ。

こういうアイディアは、さすがオーシャンだな~

 

かあさんとは違うアプローチで子育てしてくれることがやすにとってもいい刺激になると思う!


f:id:ca-san_diary:20170625202130j:image

 

やすも本当に楽しそう!

クッキー作り


少し前のクッキー作りの写真。

乙女なやすはクッキー作りが大好きです。

 


f:id:ca-san_diary:20170621165232j:image

 


f:id:ca-san_diary:20170621165249j:image

 

その後お米もとぎたいといい始め、お米を撒き散らし、掃除機。

 


f:id:ca-san_diary:20170621165424j:image

 

お手伝い大好きです。

今は大変だけど、10年後にはきっと私を助けてくれるはず!

夫のいない夜は

オーシャンのいない夜は、心を無にして育児しています。

 

ヤスの言い方がしゃくにさわろうと面倒くさいことをされようと、とにかく無。

 

ただ、早く寝ろよと願うのみ。

 

妊娠を言い当てる

やすの担任の保育士さんについて。

 

やすが二度ほど

「○○先生のお腹に赤ちゃんがいる」と言うので、昨日先生にその事を話したところ、なんと昨日心拍が確認できた!とのこと。

 

何か見えてるのかな???

 

私も興奮して、性別とか何回も聞いてしまったら、やすも飽きてしまって

「お腹の中にばいきんまんがいる」とか、、ワケわからんことを言うので、この話題はしばらくそっとしておきたい思います。

 

 

やすの発言

先日、かかとにクリームを塗っていたら、やすからこんなことを言われました。

 

「ままのかかと枯れてるね」

 

まさにその通りで笑えました。

土曜日は品川

二人目妊娠7か月目!

何かと動くことも多くて、お腹も張りやすい。 

仕事の休みの土曜日は、品川の母を頼って二人で電車で品川へ。

 

かあさんがスタバでゆっくりしている間にやすとばぁばは児童館へ。


f:id:ca-san_diary:20170607232521j:image

⬆小学校の運動会があったお陰で空いていたそうです

 


f:id:ca-san_diary:20170607232703j:image

⬆大好きな児童館で、のびのび遊んだようです。

 



f:id:ca-san_diary:20170607232902j:image

⬆その後はランチを買って、水族館へ。

イルカのショーを見る前に腹ごしらえ

 


f:id:ca-san_diary:20170607232827j:image

⬆以前は怖がっていたショーも、最近では大好きに❤

すごい真剣な顔をして見ていました。

 


f:id:ca-san_diary:20170607233120j:image

⬆大好きなちんあなごを、鑑賞

 


f:id:ca-san_diary:20170607233211j:image

⬆アイスもたべて大満喫!

 

ばぁばのお陰で、とっても楽できました!

ありがとう❤

 

救急車で運ばれた!

オーシャンが職場の飲み会で遅くなる、そんな日は二人で近くの温泉へ! 

 

露天風呂に入ったり、炭酸湯に入ったりして、風呂上がりにかき氷をたべて、ゆっくり過ごすのが恒例。

 

今日もそのかき氷を食べてる最中に、突如襲ったやすの腹痛!

うんちかな?と思ってトイレへ連れていくも、うんちが出たあとも七転八倒の痛みで、トイレの床へうずくまってしまう。

左右の肋骨の下を指で押さえると楽なのか、ずっとお腹を押さえながら「痛い、痛い!」と繰返していました。

 

やすをつれて車で運転して救急へいく?

それとも救急車?

一瞬迷ったけど、、、

この子を車に乗せても痛みでのたうちまわっててチャイルドシートには乗せられないし、私も安全運転でいける自信がなかったので、すぐに施設のかたに救急車を手配してもらい、救急車で病院へ!

救急車を待ってる間も

「痛い~痛い~病院へ行きます!お薬食べたいです~」と言っていて、まだ二歳なのに薬の効果とかわかってるんだなーと妙に関心しました。

 

職業柄救急車には乗りなれているせいか、妙に冷静な母は、明日の仕事の心配をしながら、各方面へ連絡をいれ、いざ救急車で病院へ!

 

救急車のなかでも「痛い痛い」としばらくのたうち回っていたのですが、病院が近づくにつれ、救急車の揺れで気持ちよくなったのか熟睡モードになり、病院へ到着した頃にはトントンされてようやく目覚めた様子でした。

 

病院へつき、ドクターから「今は痛い?」とか「どこがいたかったの?」とか、色々質問を受けるのですが、意外にも戸惑うことなく「今はいたくない、さっきはここが痛かった」とか、答えていました。

サチュレーションモニターとかつけるときも、「親指に着けるね」と言われたら親指をすっとだしたり。

初めてのことなのに、私と離れているところでもやすがとっても落ち着いて受け答えを出来ていることは本当に驚きでした。

 

結果、原因は不明ですが急を要することではないので自宅で明日一日様子を見ましょうということで、入院にはならずホッとしました。

 

やす、元気になると、救急車に乗ったことを少しずつ興奮ぎみに話してくれました。

 

今後、町で見る救急車に対してまた違う目線で見れるようになってくるだろうな。

 

対応してくださった皆様、飲み会をタン塩二きれで切り上げてきてくれたオーシャン、仕事で疲れてるなかやすの保険証もって車で迎えに来てくれた弟、本当にみんな感謝でした!